NIMS Conference

物質・材料科学研究促進のための議論の場を持つことを目的とした国際会議

2003年より、毎年開催している、NIMSが主催する最大の国際会議です。世界トップレベルの研究者をお招きし、材料科学・ナノテクノロジーの観点から、様々な課題や問題点を最新の研究成果を基に議論しています。2007年より、物質・材料科学分野で優れた業績を挙げた研究者あるいは研究グループにNIMS賞を授与しています。

NIMS賞

物質・材料科学分野で優れた業績を挙げた研究者の方々にNIMSが授与する賞で、NIMS Conference開催期間中に授賞式を行い顕彰いたします。2011年より、研究業績による選考に加え、NIMSの発展に貢献してくださる方も選考の対象とさせて戴く事になりました。
NIMS賞の受賞者は、NIMS Conference企画実行委員および関連分野のNIMS研究員から構成されるノミネーションワーキンググループによる候補者の推薦、外部有識者を含むNIMS賞選考委員会による最終候補者の選出、NIMS理事長による承認を経て決定します。

過去の受賞者と業績タイトル

2015年 マキシミリアン ハイダー (カールスルーエ工科大学名誉教授、CEOS社シニアアドバイザー)
     ハラルド ローゼ (ウルム大学上級客員教授)
     クヌート ウルバン (ユーリッヒ研究センター教授)
                     「電子顕微鏡の収差補正装置の開発」

2014年 クリストフ マテャシェフスキー (カーネギーメロン大学教授)
                     「原子移動ラジカル重合 (ATRP) の開発」
     澤本 光男
(京都大学教授)
                     「精密重合と機能性高分子の精密合成法の確立」

2013年 細野 秀雄 (東京工業大学教授)
                    「鉄系超伝導体の発見,IGZO - TFTの発明」

2012年 ハリー バデーシア (ケンブリッジ大学教授)
                    「鉄鋼材料の相変態、析出挙動の基礎的解明とそれに基づく新たな鉄鋼材料の開発」    
     ジョン モリス (カリフォルニア大学教授)
                    「材料強度発現機構の理論的解明」
     スブラ スレシュ (NSF長官/マサチューセッツ工科大学教授)
                    「構造・生体材料におけるマクロ・ナノスケールの
                                                                          分野横断的マルチスケール材料科学の確立」

2010年 ジャン マリー タラスコン (ピカルディー ジュール ベルヌ大学教授)
                    「リチウムイオン電池の容量、寿命、安全性の改善」

2009年 片岡 一則 (東京大学大学院工学系研究科教授)
                    「薬物・遺伝子を体内に運ぶナノ構造デバイス」

2008年 アンソニー エバンス (米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授)
     デビッド クラーク (米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授)
     カルロス レビー (米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授)
                      「熱遮蔽コーティングシステムに関する体系的研究」

2007年 ウイリアム バトラー (米国アラバマ大学教授)
                      「Fe/MgO/Fe接合における巨大磁気抵抗の理論的予言」

「ハラルド ローゼ教授 (ウルム大学)」の画像

ハラルド ローゼ教授 (ウルム大学)


「クヌート・ウルバン教授 (ユーリッヒ研究センター教授)」の画像

クヌート・ウルバン教授 (ユーリッヒ研究センター教授)


「マキシミリアン・ハイダー教授 (カールスルーエ工科大学教授)」の画像

マキシミリアン・ハイダー教授 (カールスルーエ工科大学教授)


2015年 NIMS賞受賞者


本会議に関するお問い合わせ先

NIMS Conference
企画実行委員会事務局
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
国立研究開発法人 物質・材料研究機構内
E-Mail: nims_conference=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)