ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 2013年 > 「科学技術フェスタin京都」出展報告

「科学技術フェスタin京都」出展報告

2013.3.16-17
(2013.04.18 更新)


NIMSは、平成25年3月16日と17日、京都パルスプラザ (京都市伏見区) にて開催された「科学技術フェスタin京都」に出展しました。

「実験教室の様子」の画像

実験教室の様子



科学・技術フェスタは、科学・技術コミュニケーション活動の代表的な祭典として、最先端の科学・技術の成果などを将来の科学技術を担う青少年を中心に国民にわかりやすく発表することを目的としており、内閣府や文部科学省などの省庁とNIMSなどの独立行政法人が主催しました。
 
NIMSでは、環境・資源・エネルギー材料に関する研究成果を紹介するとともに、「低温と超伝導材料」、「磁石と磁性材料」、「鉄と材料」などの実験教室を行い、さらにオリジナルキーホルダー作りや金属材料の名前当てクイズを実施しました。また、国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (MANA) から世界トップレベル研究拠点コーナーに出展し、ナノ診断材料に関する実演による研究成果紹介を行いました。
 
本イベントには、山本一太内閣府科学技術政策担当大臣ら、2日間で5,957名が来場されました。

国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029