ホーム > NIMSについて > 個人情報保護 > 個人情報保護制度利用の手引き

個人情報の開示、訂正および利用停止の請求について

『独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律』に基づき、独立行政法人物質・材料研究機構が保有する自己を本人とする個人情報について、開示、訂正および利用停止を請求することができます。

開示請求について

NIMSの役員又は職員が職務上作成又は取得し、組織的に利用するものとしてNIMSが保有している個人情報のうち、自己を本人とするものについて、開示を請求することができます。 (ただし、書籍等の市販物や、大学付属図書館、博物館、公文書館その他これに類する機関において、一般の閲覧に供するために特別の管理がされている歴史的資料又は学術研究用資料等に記録されているものは除かれます。)

開示請求方法

「開示請求書」に必要な事項を記載して、ページ下に記載の窓口に提出するか又は郵送してください。その際、「別表」 に掲げる本人を確認するための書類を併せて提出してください。なお、開示請求には300円の開示請求手数料が必要です。 (振込みによりお支払いいただきますが、振込手数料は請求者ご本人の負担となります)

開示・不開示決定の通知

開示・不開示の決定は原則として請求受付日から30日以内に行われ、開示請求者に対して書面で通知されます。

開示の実施

開示をする旨の決定の通知を受けた方は、通知日より原則として30日以内に、希望する開示の実施方法を「開示の実施方法等申出書」により申し出てください。 (写しの交付の方法による開示実施を希望する方は、別途郵送料を納付して写しの送付を求めることができます。郵送料は、NIMSの指定する金額分の郵便切手により納付していただきます。)


訂正請求について

開示請求により開示を受けた場合、当該保有個人情報についてその内容が事実でないと思われるときには、訂正 (追加、削除を含む。) を請求することができます。

訂正請求の方法

「訂正請求書」 (ページ下よりダウンロード可能) に必要な事項を記載して、ページ下に記載の窓口に提出するか又は郵送してください。その際、「別表」 (ページ下よりダウンロード可能) に掲げる本人を確認するための書類を併せて提出してください。なお、訂正請求は、当該請求に係る保有個人情報の開示を受けた日から90日以内に行ってください。

訂正・不訂正決定の通知

訂正・不訂正の決定は原則として請求受付日から30日以内に行われ、訂正請求者に対して書面で通知されます。


利用停止請求について

開示請求により開示を受けた場合、当該保有個人情報が以下に掲げるものに該当すると思われるときは、利用停止措置を請求することができます。

利用の停止又は消去

  • 利用目的の達成に必要な範囲を超えて保有されているとき (法第3条第2項違反)
  • 適正な手段で取得されたものでないとき (法第5条違反)
  • 利用目的以外での利用が行われているとき (法第9条第1項第2号違反)

提供の停止

  • 利用目的以外での提供が行われているとき (法第9条第1項第2号違反)

利用停止請求の手続

「利用停止請求書」 に必要な事項を記載して、ページ下に記載の窓口に提出するか又は郵送してください。その際、「別表」 に掲げる本人を確認するための書類を併せて提出してください。なお、利用停止請求は、当該請求に係る保有個人情報の開示を受けた日から90日以内に行ってください。

利用停止・不停止決定の通知

利用停止・不停止の決定は原則として請求受付日から30日以内に行われ、利用停止請求者に対して書面で通知されます。


異議申立てについて

決定等又は請求に対する不作為について不服がある場合は、NIMSに対して異議申し立てをすることができます。NIMSは、異議申立てに係わる決定で当該異議申し立ての全部を容認する場合を除き、情報公開・個人情報保護審査会に諮問することになります。諮問をした旨の通知は、異議申立人、各種請求者等の関係者に通知されます。

苦情の受付

NIMSにおける個人情報の取扱いに関する苦情につきましては、適切かつ迅速な処理に努めて参ります。


窓口・お問い合せ先

総務部門 総務室 文書係
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL. 029-859-2000(大代表)
FAX. 029-859-2029
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029