ホーム > 広報活動 > イベント・セミナー > 2017年 > ポスト「京」重点課題 (7)サブ課題G 第6回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会

ポスト「京」重点課題 (7)サブ課題G
第6回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会

「情報理論を用いた原子・電子構造のインタースケールイメージング~位相回復を中心として~」

開催日: 2017.12.22


主催 : ポスト京重点課題 (7) 「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」
共催 : 物質・材料研究機構 MaDIS・情報統合型物質・材料研究拠点
共催 : 物質・材料研究機構 先端材料解析研究拠点

【プログラム委員】
寺倉清之、岡田真人、澤博、石井真史、山崎裕一、木野日織


【プログラム】

ーーーイントロダクションーーー
10:00-10:15 木野日織 (物質・材料研究機構)、「回折実験データ解析と情報理論について」
10:15-10:30 澤博 (名古屋大学工学研究科)、「実験面からみた現状と問題点の整理」

ーーー周期系、電荷ーーー
10:30-11:40  松下智裕 (高輝度光科学研究センター) 、「スパースモデリングによる原子分解能ホログラフィーの立体原子像再生」

休憩 (昼食) 11:40-13:00

ーーー非周期系、電荷と磁性ーーー
13:00-13:30 池田思朗 (統計数理研究所) 、「スパース性を用いたX線回折画像からの位相復元法について」
13:30-14:00 山崎裕一 (物質・材料研究機構)、「スパース位相回復法による磁気イメージング」
14:00-14:30 三俣千春 (物質・材料研究機構)

休憩 14:30-14:50

ーー - 周期系と非周期系、電荷ーーー
14:50-15:20 若林裕助 (大阪大学基礎工学研究科) 、「表面X線回折データに対する位相回復 : 逆空間の考え方,実空間の考え方」
ーーー実験データを用いた逆問題の新展開ーーー
15:20-15:50 藤堂眞治 (東京大学理学系研究科) 、「不完全なX線回折実験データを利用した結晶構造予測」
15:50-16:20 石井真史(物質・材料研究機構)、「X線吸収分光における光電子散乱の数理的位相補正 : 実験スペクトルからの原子間距離の直接導出」

16:20-16:30 寺倉清之、「まとめ」

問合せ

物質・材料研究機構
MaDIS・情報統合型物質・材料研究拠点運営室
TEL: 029-859-2472
e-mail: mii-i=ml.nims.go.jp ([ = ] を [ @ ] にしてください)


イベント・セミナーデータ

イベント・セミナー名
ポスト「京」重点課題 (7)サブ課題G
第6回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会

「情報理論を用いた原子・電子構造のインタースケールイメージング~位相回復を中心として~」
会場
東大フィーチャーセンター多目的ホール(108号室)、柏の葉駅前  
開催日: 時間
2017.12.22
10:00~16:30
参加料
無料

お問合せ

MaDIS・情報統合型物質・材料研究拠点
運営室
TEL: 029-859-2472
E-Mail: mii-i=ml.nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
2017.11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029