拠点長ご挨拶

解析型研究から開拓型研究へ

数年来、マテリアルズインフォマティクスは一種のはやり言葉となっていますが、私たちはそうした時流の尻馬に乗っているのではありません。日本におけるこの分野への取組は諸外国を先んじていました。マテリアルズインフォマティクスを行うには材料データが必須ですが、NIMSはその収集とデータベース整備にいち早く取り組み、現在ではMatNaviとして広く国内外に提供し、多くの論文に引用されています。2015年7月からは、JST事業「情報統合型物質・材料開発イニシアティブ (MI2I) 」を受託し、日本のマテリアルズインフォマティクス研究のハブ拠点としての活動を進めております。現在、類似の事業も進展していることを踏まえ、類似事業とは連携・協調するとともに、産業界とも連携する仕組みを構築して、産官学かつ府省連携で取り組んでいるところです。

データ駆動型科学を推進するうえで、データの存在・利用は本質的です。ものづくり・材料開発に関するデータは産業界に蓄積しており、産業界ではそうしたデータを日々使って、製品開発をやり尽くしているところがあります。本拠点では、あまり目先の課題にとらわれることなく、数理科学に裏打ちされた本質的なマテリアルズインフォマティクス研究に取り組むとともに、プロセス設計・制御、計測技術等の分野へのデータ駆動型科学の導入を積極的に進め、日本の科学技術基盤として、“物質・材料研究開発のスマートシステム”実現を目指したいと思います。

拠点長

「伊藤 聡」の画像

伊藤 聡


お問い合わせ先

拠点運営室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
研究本館居室棟 6階 609号室
CMI2@nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029