ホーム > 研究情報 > 統合型材料開発・情報基盤部門

データとの融合で物質・材料の研究開発を革新する

サイバー空間とフィジカル空間 (実世界) が融合した未来社会の実現に向けて、我が国は「Society 5.0」政策を進めています。
その中でNIMSは、ICT (サイバー) と物質・材料 (フィジカル) をつなぐ重要なシステムとなる「統合型材料開発システム」と、 これを支える材料データプラットフォームの研究開発を推し進めるべく、2017年4月、 新たに統合型材料開発・情報基盤部門 (MaDIS) が発足しました。

当部門は、データ科学、計算科学、理論及び実験を融合させ、物質・材料研究開発のあり方を革新し、研究開発のスピードを大幅に加速させることを目指します。

当部門には、2014年度から内閣府が進める「革新的構造材料」プロジェクトでマテリアルズインテグレーションの技術開発を行う「SIP-MIラボ」と、2015年に創設された「情報統合型物質・材料研究拠点」が、集結しています。また、NIMSが産業界とのオープンイノベーションを進めるマテリアルズ・オープン・プラットフォーム (MOP) においてマテリアルズ・インフォマティクスを活用する「MOP-MIラボ」が、発足しました。併せて、新たに設立した「材料データプラットフォームセンター」では、統合型材料開発システムを支える基幹的取組として、世界最大規模の高機能な材料データプラットフォームを構築しています。

関連画像


News

「国立情報学研究所と物質・材料研究機構が連携・協力の覚書締結」の画像
2017.06.01 更新 プレスリリース

国立情報学研究所と物質・材料研究機構が連携・協力の覚書締結

データプラットフォームの研究開発を通じてオープンサイエンス推進に貢献

2017.05.26 更新 プレスリリース

隠れた物性情報を引き出す新しい電子顕微鏡技術の開発

~二次電子を電子源として使う発想の転換と、天文学の手法を応用することで実現~

2017.05.22 更新 イベント・セミナー


研究セクタ

情報統合型物質・材料研究拠点

情報統合型の新しい科学を用いた物質・材料研究を進めるイノベーションハブ



SIP-MI ラボ

SIP-MIラボでは、構造材料をターゲットにマテリアルズインテグレーション技術の開発と、その基盤となるMIシステムの開発を行っています



お問合せ先

運営統括室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
研究本館居室棟 6階 609号室
電話:029-859-2472
E-Mail: madis=ml.nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029