ホーム > 研究情報 > 拠点 / 企業連携センター > 統合型材料開発・情報基盤部門

データとの融合で物質・材料の研究開発を革新する

サイバー空間とフィジカル空間 (実世界) が融合した未来社会の実現に向けて、我が国は「Society 5.0」政策を進めています。
その中でNIMSは、ICT (サイバー) と物質・材料 (フィジカル) をつなぐ重要なシステムとなる「統合型材料開発システム」と、これを支える材料データプラットフォームの研究開発を推し進めるべく、2017年4月、新たに統合型材料開発・情報基盤部門 (MaDIS) が発足しました。

当部門は、データ科学、計算科学、理論及び実験を融合させ、物質・材料研究開発のあり方を革新し、研究開発のスピードを大幅に加速させることを目指します。

当部門には、2014年度から内閣府が進める「革新的構造材料」プロジェクトでマテリアルズインテグレーションの技術開発を行う「SIP-MIラボ」と、2015年に創設された「情報統合型物質・材料研究拠点」が、集結しています。また、新たに設立した「材料データプラットフォームセンター」では、統合型材料開発システムを支える基幹的取組として、世界最大規模の高機能な材料データプラットフォームを構築しています。

関連画像


News

「MIを活用して極小の熱伝導率を持つ無機材料を実現」の画像
2018.07.04 更新 プレスリリース

MIを活用して極小の熱伝導率を持つ無機材料を実現

~データ科学と実験の融合による新しい材料開発方法の道しるべ~

2018.05.15 更新 プレスリリース

無機材料データベース「AtomWork-Adv」利用サービス (有償) 開始

~データ駆動型材料開発での利便性向上のため、データのダウンロードや検索機能等を充実~

2018.03.27 更新 プレスリリース

マテリアルズインフォマティクスを応用した高誘電率材料設計システムの開発に成功

~ 積層セラミックスコンデンサ誘電体材料の開発に新たな設計指針 ~


研究セクタ

材料データ科学グループ

材料科学とデータ科学が創造する新しい材料学の世界



データ駆動高分子設計グループ

データサイエンスを駆使した高分子材料開発


情報統合型物質・材料研究拠点

情報統合型の新しい科学を用いた物質・材料研究を進めるイノベーションハブ


SIP-MI ラボ

構造材料をターゲットにマテリアルズインテグレーション (MI) 技術の開発


お問合せ先

運営統括室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
研究本館居室棟 6階 609号室
電話:029-859-2472
E-Mail: madis=ml.nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029