希少元素によらない新規高性能永久磁石材料を研究開発する世界的な拠点

元素戦略磁性材料研究拠点(ESICMM)は、理論・計測解析・材料創製の3分野を融合させて、新規磁石材料の理論探索を進めると同時に、既存磁石材料の高性能化技術を研究し、希少元素に依らない大量生産可能な次世代磁石材料を実験室規模で創製し、産業界での開発研究に必要とされる基礎学理と技術基盤を構築することを目的としています。同時に、将来の磁性機能材料研究開発の継続的な発展に寄与する人材の育成も目指します。

ESICMMホームページ: http://www.nims.go.jp/ESICMM/

Groups

●電子論グループ/ Electronic Theory and Computation Group

電子論グループは結晶磁気異方性などの磁気物性値の高精度計算、界面や表面を含むより大規模な系での物性値予測、保磁力の微視的理論解析、磁化反転と伝搬にかかわる理論の整備、第一原理計算による高性能磁石化合物の探索などのテーマに取り組みます。また、計算物質科学イニ シアチブ(CMSI)を軸に拠点間で連携して理論共通基盤を開発整備し、計算主導の材料開発手法の構築を目指します。


●解析評価グループ/ Structural and Property Characterization Group

解析評価グループは、既存の磁石材料および材料創製グループが創出する種々の材料の組織および磁性を最先端の解析技術を駆使して、多面的マルチスケール解析で徹底的に解明し、理論との対比、材料創製グループへの提言を行います。電子顕微鏡およびアトムプローブを駆使した解析に加えて、Spring-8やJ-PARCなどの先端大型研究施設での構造解析及び磁気分光とイメージング、熱力学的および速度論的側面からの磁石材料の基盤研究、単一粒子の磁化反転挙動解析、マイクロマグネティックシミュレーションによる複雑構造を持つ磁石の磁化回転挙動の解析などの研究を行うことにより、保磁力と微細構造の因果関係を解明し、高保磁力磁石開発の指針を示します。


●材料創製グループ/ Materials Symthesis and Processing Group

材料創製グループは、既存磁石材料の高性能化と新規磁石材料の創製のため,バルク材料における組織最適化プロセス、薄膜プロセス、ナノ・メゾ粒子によるビルドアッププロセスなど、種々の手法による材料開発を行うとともに,電子論および解析評価グループとの連携により,理論と解析に基づく材料設計指針の確立を目指します。


Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。

お問い合わせ先

元素戦略磁性材料研究拠点
〒305-0047 つくば市千現1-2-1
国立研究開発法人 物質・材料研究機構
E-Mail: info-esicmm=ml.nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029