耐食鋼グループ

鉄鋼材料は、優れた機械的特性を示し、多くのインフラや構造部品等に使用されていますが、耐食性が低い欠点があります。鉄鋼材料の腐食現象は、環境と材料との組み合わせにより多種・複雑であり、まず現象解明が必須であり、その知見に立脚して耐食性向上技術を確立する必要があります。我々は、鉄鋼材料の詳細な腐食解析を行い、耐食材料創製、表面処理技術確立を目指しています。

専門分野・研究対象

1. インフラ構造用鉄鋼材料の腐食解析および耐食性向上技術確立

本テーマでは、コンクリート用鉄筋、耐候性鋼、塗装鋼等を主な対象として、大気腐食現象を最新の電気化学手法を用いて解析し、さらに、耐食材料の創製や表面処理法の確立を行っています。


2. 鉄鋼材料の耐食性に及ぼす固溶炭素および固溶窒素の影響解析

鉄鋼材料の耐食性は、主にクロムやニッケルなどの金属元素の添加により向上することが知られていますが、近年、炭素や窒素を固溶させることで、鉄鋼材料の一つであるオーステナイト系ステンレス鋼の耐食性が向上することが報告されています。本テーマでは、固溶炭素と固溶窒素の高耐食化元素としての可能性を探索するため、電気化学的手法により炭素または窒素を固溶させた鉄鋼材料の溶解挙動を解析し、これら固溶元素の鉄鋼材料への作用機構の解明に取り組んでいます。


グループメンバー

お問い合わせ先

耐食鋼グループ
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
E-Mail: NISHIMURA.Toshiyasu=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029