データ駆動高分子設計グループ

データサイエンスを駆使した高分子材料開発

データ駆動高分子設計グループは、経験と勘に依存した材料開発から脱却し、
ビッグデータと計算・情報科学を駆使した、材料開発のパラダイムシフトに挑みます。

専門分野・研究対象

高分子は、多様性の材料です。
力学物性、熱物性、電子・光機能といった様々な因子が、
複雑に絡み合って高分子らしさを作り出しています。
そのため、高分子の材料開発は、研究者・技術者の経験と勘がものをいう分野でもありました。

我々が取り組む課題の本質は、
データサイエンスが高分子材料の複雑さに、どこまで踏み込んでいけるかにあります。

データを使い、データを作る。
一つ一つが新しいチャレンジですが、
その先にあるパラダイムシフトに向けて、高分子材料開発の革新的なスキームを作り上げていきます。

関連画像


グループメンバー

お問い合わせ先

データ駆動高分子設計グループ
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
電話 : 029-860-4783
E-Mail: NAITO.Masanobu=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029