材料強度基準グループ

研究概略

当グループでは、構造材料の強度特性に関する最新の研究成果を規格・基準に反映することにより、安全で安心できる快適な社会構築に貢献するための基盤研究を行います。当面はクリープ特性や極低温・水素環境における疲労や破壊特性に注力して活動を行います。クリープ特性については、別途実施されるクリープデータシート事業で取得された長時間クリープデータの評価および長時間クリープ破断試験片の微細組織解析を行い、長時間クリープデータの意義について学術的な裏付けをとった上で、長時間クリープデータに基づく研究成果を発電プラント等の規格・基準へ反映するための活動を行います。将来的には関連する他グループと連携して、疲労、破壊、腐食、応力腐食割れなどの研究成果を規格・基準へ反映するための研究へ展開することを目指します。

関連画像


専門分野・研究対象

①高Cr鋼溶接部のクリープ強度評価とその規格・基準への反映
 長時間クリープ試験データに基づいて、溶接部の健全性向上とその維持管理に資する知見を取得して、プラント部材の信頼性向上に貢献する。
②高強度耐熱鋼の長時間クリープ強度のヒート間差原因解明とその材料規格への反映
 同一規格材においてもクリープ強度に違いが生じる原因を解明し、材料を適切に使用するためのガイドラインや材料ユーザーの立場からの材料仕様ガイドライン(材料選択の基準など)を提示する。複数企業から派遣された企業若手研究者との連携をベースに活動する。
③構造材料の極低温・水素環境における力学特性評価による適用範囲の明確化
 
関連学協会
・日本機械学会発電用設備規格委員会
・日本高圧力技術協会圧力容器規格委員会
・ASME (米国機械学会) ボイラ・圧力容器規格委員会
 


グループリーダー

(さわだ こうた)

澤田 浩太

(さわだ こうた)


お問い合わせ先

材料強度基準グループ
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
E-Mail: SAWADA.Kota=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029