ホーム > 研究情報 > 機能性材料研究拠点 > プラズモニクスグループ

プラズモニクスグループ

金属ナノ構造物における特異な光の振る舞いを扱うプラズモニクスの研究を進めます。これまで、高感度なバイオチップや環境分析用の赤外光源への応用を目指して、光を波長よりもはるかに小さな空間に閉じ込めるプラズモン共振器の開発に力を注いできました。今後は、プラズモニック構造の多様化・最適化によるさらに高度な光の操作を実現する一方で、物質との相互作用の探索など、新しい方向への展開も推し進めていきます。

専門分野・研究対象

プラズモニック結晶、メタマテリアルの開発

大面積で光を操作するには、周期的な金属ナノ構造からなるプラズモニック結晶の実現が重要です。対象とする光の波長よりも十分小さな構造により、自然界には存在し得ない光学応答を示す人工物質はメタマテリアルとも呼ばれ、近年、注目を集めています。これまで開発してきたプラズモンナノ共振器を周期的に配列したメタマテリアルの創製など、私達の設計・微細加工・評価技術を生かしたプラズモニクスの研究を展開します。


お問い合わせ先

プラズモニクスグループ
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL: 029-860-4716
E-Mail: MIYZAKI.Hideki=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029