二次電池材料グループ

高性能蓄電池はスマートフォンなどの電源として高度情報化社会を支えるもののみならず、自動車の電動化などを通じて環境調和型社会の実現に寄与するものと期待されています。二次電池材料グループでは、高い信頼性と性能を兼ね備えた全固体電池やリチウムイオン電池の理論限界を大幅に超える高容量のリチウム空気電池の実現を目指した研究を行っています。

専門分野・研究対象

二次電池の高性能化には、電池部材の高機能化に加え、電池部材間の接合界面で生じる現象を正しく理解し、この界面を高機能化することが重要です。全固体電池は高い信頼性を持つ一方で一層の出力密度の向上が望まれており、リチウム空気電池は高いエネルギー密度を持つ反面、充放電サイクル特性に乏しいという課題を抱えています。二次電池材料グループでは界面現象の研究を通じ、これら課題の解決に取り組んでいます。


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029