ホーム > 研究情報 > 技術開発・共用部門 (RNFS)

先端装置と専門家集団による研究開発の推進

技術開発・共用部門は、物質・材料やナノテクノロジーに関する先端装置および大型装置を保有し、NIMSの研究者のみならず国内外の大学、企業、公的機関の研究者に対する研究開発をサポートするオープンな組織です。本部門に所属する研究者および技術者は、先端・大型装置のオペレーションのみならず、利用者の問題解決をともに行う技術開発の専門家です。我々の研究支援による利用者の研究クオリティと研究効率の向上、さらに産業界への貢献を目指します。また、研究支援の全国的なネットワークのハブとなり、物質・材料分野における我が国の科学技術水準の向上と国際的優位性の確保に貢献したいと考えています。
技術開発・共用部門では、このような研究支援に加え、研究者の実験技術の向上を図るための様々なワークショップや講習会を開催しています。また、科学技術情報の収集および発信も行っています。


部門について

部門の組織や設備利用に関しては、こちらをご参照下さい。


News

「窒化ガリウムトランジスタに原子レベルで平坦な結晶層を新発見」の画像
2017.10.23 更新 NEW プレスリリース

窒化ガリウムトランジスタに原子レベルで平坦な結晶層を新発見

~半導体/絶縁膜界面に準安定な酸化ガリウム層が存在 次世代パワーデバイス実現へ道~

2017.10.12 更新 プレスリリース

サブナノスケールで磁気構造を可視化する電子顕微鏡技術の開発

~次世代スピントロニクスデバイスの研究開発を加速すると期待~

2017.09.29 更新


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029