ホーム > 研究情報 > 代表的な研究成果 > サイアロン蛍光体

高効率を実現しながら耐久性・耐熱性にもすぐれた性能を発揮

NIMSの開発したサイアロン蛍光体は、青色発光ダイオードを用いて効率よく発光させることができ、耐久性と耐熱性にもすぐれているため、環境負荷の高い 水銀使用の蛍光灯に代わる「白色LED照明」の材料として、すでに多彩な白色発光を実現。環境負荷の少ない次世代照明への応用が期待されています。

この成果に関係する研究者

広崎 尚登(ひろさき なおと)
次世代蛍光体イノベーションセンター
NIMS-LG材料科学センター
機能性材料研究拠点 光機能分野 サイアロングループ グループリーダー

※所属・役職は2016年7月現在のものです。
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029