ホーム > 利用方法 > 利用の流れ

利用の流れ

共用装置ご利用の流れ

1.利用約款への同意

NIMS共用設備の利用に際しては、当機構が定める利用約款に同意していただく必要がございます。あらかじめご一読のほどお願いいたします。
国立研究開発法人物質・材料研究機構施設及び設備利用約款
 

2.利用相談(無料)

① 利用を希望する装置が決まっている場合
→ 各装置のページにある『この装置への問い合わせ』より、具体的な利用目的や内容についてお問い合わせ下さい
② 目的に対してどの装置が適当なのかわからない場合
→ 代表窓口(http://www.nims.go.jp/rnfs/siteinfo/inquiry.html)にメールもしくは電話にてお問い合わせ下さい


3.利用申込

利用相談において、利用目的や内容、概算費用等について装置責任者・担当者と合意いただいた後、担当者より申込様式をお送りいたしますので、必要事項をご記入いただきご提出下さい。(申込手続き完了まで1週間ほど時間を要しますので、余裕をもってお申込み下さい)
 

4.設備利用

利用に際しては、機器利用、技術指導、技術代行を選択できます。
◆ 機器利用 ・・・利用者のみで装置を操作する利用形態
◆ 技術指導 ・・・当機構職員の指導の下で実験等を行う利用形態
◆ 技術代行 ・・・当機構職員に分析・解析・加工等を依頼する利用形態
 

5.費用請求

 利用完了後、実際の利用に応じた費用を請求させていただきますので、請求書発行日の翌月末までにお支払い下さい。

6.報告書提出

 利用が完了したことを当機構が定める様式に記入いただき、ご提出していただきます。(当該報告書は非公開です)


利用方法